小さなものまで確認

レンズを合わせる

マイクロスコープは英語で顕微鏡という意味があり、どんな小さなものまで確認できるとして使用されています。
学生の間では化学の実験で主に使用されていますが、品質のチェックや昆虫観察としても使用されています。
人の目では確認できない小さな製品の細部や小さな昆虫、微生物を被写体に合わせてレンズを使うことで細かく確認できる機械なのです。
マイクロスコープで確認した画像は、テレビに映し出すことで同時に多くの人と情報を分け合えます。
パソコンで写すと画像処理が可能なため、色ムラなどを修正することもできます。
様々な用途で使えるため、多くの場面で活用されているのです。
現在は3Dで被写体を写せ、パソコン用や美容用のマイクロスコープを使うことでキレイに画像を見ることが可能です。

スマホで活用

現在、スマートフォンが普及されているのに伴い、マイクロスコープもスマホ用を販売するようになっています。
マイクロスコープをスマートフォンに装着していきますが、簡単に装着が可能なクリップタイプになっているため、カメラのレンズ部分に簡単に装着できます。
スマホ用のマイクロスコープは、最大100倍の性能があります。
微生物まで確認できるほどのレンズなので、小さな世界も確認できます。
最近のスマホ用マイクロスコープは、LEDライトも搭載されているため暗いと感じることなく画像が楽しめるのです。
持ち歩きもでき、電池が切れても市販のボタン電池で簡単に変えられるので便利に使えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加