問題を解決する

優れた機械

オイルスキマーは、工場で使用されている機械の油を回収する装置として使用されています。
工場には、食品や自動車、製油、熱処理などの工場があります。
どの機械でも油が持ちられていますが、使用済みになると排出されます。
排出する際、油のみだと問題なく回収できますが、油以外も一緒に排出されることもあります。
油と水が乳化して浮いたものや水の中に浮いているものなど様々ですが、オイルスキマーを使うと浮上している油のみを回収できます。
オイルスキマーには、上下に車輪とスチームベルトが装着されています。
これを回すことで油のみを回収できるのです。
構造は簡単な作りとなりますが、確実に油を回収できる優れた機械なのです。

有効的に吸着する

油は金属に付きやすいのが特徴です。
そのため、アルコールや洗剤などを使わなければ取ることが困難です。
オイルスキマーはベルトが金属となっており、さらに油が吸着しやすい性質を取り入れています。
性質としてあるのが、円盤や樹脂ベルトなどです。
これを用いることで簡単に油だけを吸着できるのです。
オイルスキマーを用いる工場は、油で機械がトラブルを起こした、油で工場内が悪臭で充満している、という工場が使っています。
機械が壊れたり工場内に悪臭が漂っていると、品質が悪くなったり作業効率が悪くなったりします。
売上に大きく関わってくるため、すぐに対応しなければいけないのです。
オイルスキマーには、このような問題をすぐに解決できる働きがあるため、工場に欠かせない存在として使われているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加