地球環境に優しい

マイクロバブルとは

社会貢献としてエコへの取り組みを積極的に行なう企業が増えています。工場や大型施設などでも、環境へ配慮した設備を導入するところが多いです。その設備として様々な業界から注目されているのが、マイクロバブルです。マイクロバブルは、極小の気泡の事を指します。この気泡は上昇・収縮・圧壊という性質を持っており、この性質を利用することで排水・汚水処理を行ないます。マイクロバブルは内圧が高いので、長時間水の中に滞留します。滞留しながら徐々に上昇していき、その上昇の際に汚れを吸着していくのです。その後、汚れを吸着したまま収縮し、水中で消滅して有機物を分解します。このように、気泡のみで処理を行なうので、環境への影響を心配せずに安心して排水・汚水処理を行えます。

コストも抑えられる

排水・汚水処理を行える、マイクロバブルを導入することで多くのメリットが得られます。排水・汚水処理の際、時間を掛けずに早く綺麗に洗浄したいと考えている企業は多いでしょう。マイクロバブルは、その処理の効率を飛躍的にアップできます。処理に掛かる時間が大幅に短縮されます。また、処理の際に発生する汚泥などもきちんと処理をし、余剰汚泥の発生も少なくすることができます。導入した企業には、汚泥処理の回数が半減したというところもあります。回数が減ったことで、処理に掛かる費用も抑えることができています。汚泥が発生すると、その臭いも気になるでしょう。気になる臭気も汚泥処理を行なうので、解消されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加